法律の運用について

法律を運用するために

法律の解釈と運用とは

法律は条文に規定された内容を、実際の事例に応じてどんな意味合いが定められているのか、その本質を見極めることから始まります。これが解釈と言われる部分で、専門家によって様々な見解があり、時には意見が対立することもあり得ます。現実の人間同士、または人と社会のつながりの中で何が問題か、何が重要かを突き詰めたところに解釈が成り立ちます。それを基にして、実際に起きている事象に対してどう向き合うかを見極めていく過程こそが、法律の運用と呼ばれる段階です。それぞれの段階を経て、法が条文の中から立ち上がり、人と社会の中で命を持った存在になります。

規則を平等に運用するため

規則は企業や組織に於いて平等に運用する事が重要です。特定の誰かに利益が有る様な物で有ってはいけないものです。その為、規則を決める際には法律に基づくことが非常に重要なものとなります。たとえば、誰かが会社のお金を私的に使用した場合にはその肩書や地位に関わらず、同じような処罰を受けることが必要となります。これは組織の中に於いて平等性を維持するとともに、会社を適正に維持するために必要なものでも有ります。この規則を運用する背景として重要なものが法律です。平等な意識を明確に示すとともに、反すると公共の利益にならないという点では同じ目的を持っている物と考えられます。

↑PAGE TOP