法律の運用の基準

法律の運用の基準について

行政の法律運用の基準

行政は法律を執行する機関です。しかし、行政に携わる職員が細かい規定をすべて覚えているわけではありません。また、担当者によって解釈が違うことがあります。これでは、行政の公平性や透明性がなくなります。そこで、行政の内部では、行政の責任者による法解釈や運用の方法を命令という形式で定めていることが多いようです。内部規定、運営方針、内部事務方法など様々な名称となっていますが、法解釈と運用基準であることには違いありません。こうした内部規定は、公になることは少なく、情報公開請求という方法で開示されますが、部分的であることが多く、国民の納得のゆくものではありません。行政が法律をどう解釈して、どう執行するかは、国民に明らかにされる部分が多いほうが良いでしょう。

法の解釈と運用方法は

法律には、国が定めたルールが記されており、私たちはしっかりと遵守していかなければなりませんが、社会の仕組みが複雑になれば、人によって解釈が異なり、トラブルに発展することも少なくありません。言い替えれば、法は基本的な事柄が決められているだけですから、その解釈が正しいか否かは裁判等で争われ、判決という形で定められるしかないのです。そして、その結果が判例となって、運用という形で引き継がれていくことになるのです。つまり、私たちが様々なトラブルに見舞われないためには、法そのものを知ることも大切ですが、法律の正しい運用方法についてもしっかりと理解しておかなければならないのです。

↑PAGE TOP