法律の運用の違い

法律の解釈と運用の違い

法律は時代と共に運用方法が変化

日本国内だけを見ても天文学的数字の法律が日々運用されています。また国会では毎年のように膨大な法案が可決、成立しており、実際にどの程度の数、今それが存在しているかは、プロでも把握出来ていないのが実情です。また昔とは解釈と運用が変わっているルールも少なくありません。その理由としては、そもそも日本の法律は平成の時代より遥か前、あの戦前以前に決められたものが多く、現状に適していない背景があり、弁護士などがその場その場で解釈を変えたり、使い方を変えて対応しているのが実際のところです。そのため、同じ事案で相談に訪れても、弁護士によって問題への対応に違いが見られます。よって深刻な事案を相談する時こそ、複数の事務所に相談を持ちかけ、自分にとって有利な見方をしてくれるプロを味方につける必要があります。

法の運用と法案の可決について

法律は政治家が立案し、行政によって実質的な運用されます。国民にはあまり知らされていませんが、毎年国会では実に多くの法案が立案され、可決されています。間接民主主義とい制度となっている日本の国では、政治家が国民の代わりとして法案を審議します。毎年数多くの法律が通り、実際に新しいルールが加筆されているのですが、いわゆるスピーカー役であるマスメディアが、そういった情報を国民に伝達する責務をあまり果たしているとは言えず、ルールに不具合や抜け道的な運用が見つかってから、ニュース等で大騒ぎするのが通例化してしまっています。

↑PAGE TOP