DV離婚は弁護士相談

DV離婚は弁護士に相談

弁護士に相談したほうが良い離婚

よく離婚には弁護士を頼むと良いといわれますが、それはどのようなときを指すのでしょう。一般的な性格の不一致などという理由であれば、別れるまでに冷静な話し合いが夫婦間で出来るかもしれません。しかし、DVやモラハラといった特殊な事情である場合には、通常の生活状態にはないわけですから、話し合いが出来るはずもありません。そこで、そのような特殊な環境に置かれている夫婦の場合には、離婚の話し合いのために弁護士に相談するとよいでしょう。

↑PAGE TOP